読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十肩、五十肩でお困りのあなたへ。

整形外科や病院で四十肩、五十肩を診察する

事は大切です。

 

治療は?

 

必要ないですか?

 

【四十肩・五十肩の夜間痛の原因とは?】

余談ですが、「温めると楽になる。」方は、夜眠る時に、電気毛布がおススメです。

夜間痛の原因は2つあります。

1.筋肉

2.血流

この2つで夜間痛は起きてきます。

筋肉から来るものは、筋肉が拘縮を起こして、炎症を起こしている状態で、

寝ている間、うでの重みが炎症部位に負荷がかかると、夜間痛という形で現れます。

なぜ、血流が関係しているかというと、上腕骨に入っていく動脈、上腕骨から出ていく静脈の関係性があります。

動脈は、弾力性があるので、軟部組織が固くても、血流は保たれます。

静脈は、弾力性が乏しいので、硬い軟部組織が静脈を圧迫し、血流状態がわるくなります。

すると、上腕骨内部の内圧が高くなり、うっ血状態になり、「うずく、痛みがきつくなる」

状態になります。

夜間になると、筋肉の活動や血流が弱くなりますので、余計にうっ血状態になり、夜間痛が酷くなります。

夜間痛の原因であるうっ血状態を改善するために、まずは、筋肉のしっかり緩める事が大切です。

 

しんまち鍼灸接骨院

三重県四日市市平津新町260-362

0120-901-877